新聞折込の効果は1週間以内に分かります

新聞折込の費用帯効果は概ね1週間以内が勝負だと言われます。
当日の問い合わせや申し込みが最も多く、約7割が当日の新聞折込によるアクセスです。主婦層や年配者など興味のある広告を丁寧に保存する人達が後日行動を起こすにしても1週間以内に殆どアクションを起こします。つまり、新聞折込によりどれだけの客層を得る事が出来たかを知るには、当日とその後1週間の動向をリサーチすればほぼ正確な数値が把握出来ます。毎日発行される新聞は曜日によって効果に差が出る為、のんびり自宅で読んで欲しい内容は週末や祝日の新聞折込に入れる、ビジネスパーソン向けの広告は平日に入れるなど、内容やターゲットにより入れるタイミングも計算する必要があります。テレビコマーシャルの効果は絶大ですが、これは繰り返し流す事により結果が付いてきます。

1度きりの放送で莫大な収益には繋がりません。

しかも放映料は破格物、自宅でいつでも読める媒体である新聞折込なら、費用も中小企業でも申込み可能な範囲です。

1ケ月に1度、定期的に広告を届ける事で消費者の印象に残るだけでも良いのです。
直接的に収益に繋がらずとも、企業名や活動内容及び取扱い商品を覚えてもらう事これも大きな目的です。

Ameba Newsについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

企業名の浸透こそ、後々収益に繋がります。

1回で莫大な利益が上がると思わず、地道な営業活動の一環だと捉えて、定期的に折込を実施する事が良い結果への道です。

新聞折込の効果の情報がいっぱい詰まったサイトです。

全国紙及び地方紙によっても違いが出ます。