訪日外国人観光客について

先進国では観光業がGDPの9%を占めるのが普通ですが、日本では2%です。

国連世界観光機関の観光予測では2013年に10億8200万人になった国際観光客は2030年には18億人に膨れ上がると言われています。こんな右肩上がり市場は他には見当たりません。

各国が観光産業に血眼になっているのはこのためです。

地味な日本もこれに遅れまいと観光庁まで作って本腰を上げたかに見えますが、ことは簡単ではありません。

外国人観光客のランキングでは日本は世界で人気になっていますが、実際には国別ランキングでは世界で26位です。


韓国、香港、タイより少ないのです。
びっくりしますが、これは事実です。観光大国と呼ばれるフランスは年間なんと8400万人の外国人が訪れています。
タイでも2600万人の外国人観光客が訪れています。

はてなブックマークを手軽に利用してみませんか?

日本はようやく1000万人を超えて1300万人くらいになったところです。

それも日本に来る外国人観光客はお隣さんの中国、韓国、台湾の近隣諸国の人達です。

さらにその内中国人の観光客が1000万人という数字です。

外国人観光客について補足説明いたします。

かなり歪な構成となっています。

日本人の観光客はフランス、ドイツに年間70万人訪問しています。

しかしフランス、ドイツからは僅か数十万人の観光客が日本にくるだけです。なぜこんなに歪な数字になってしまったのでしょうか。


日本には観光資源が豊富にありながら十分に生かされていない、という話があります。



その冴えたるものは日本の文化財です。
日本の文化財は保護保存に力点が置かれています。
どうぞ見てくださいという観光客にもてなす視点は全くありません。


他にも色々あるでしょう。

観光大国の条件は自然、文化、気候、食事の4条件と言われています。

日本にはこのすべてがあります。
まだまだたっぷり伸び代があります。
期待しましょう。