多くなってきている中国人観光客

現在、国では、ビジット・ジャパンキャンペーンを行っており、外国人観光客の増加を目指しています。

わが国は、もともとは、製造業が国の基幹産業であり、観光等についはあまり見向きもされてきませんでしたが、二千年異常の歴史を誇り、常に平和な期間が長かったためか、百年以上の老舗企業の数は、わが国はとびぬけて多いといった事例もあり、いまでは観光産業についてもある一定レベルを超えた力の入れようです。この背景には、製造業のお株が中国を始めとしたアジア各国に奪われ始めているといった事例に加え、一産業だけへの集中投資はいかがなものかといった国の反省も多いのではないでしょうか。

中国人観光客の情報を知りたい方必見です。

その中で国が始めた外国人観光客誘致キャンペーンでは、年間一千万人以上の外国人観光客を誘致しようというものです。

産経ニュースの情報を提供中です。

この政策が功を奏したのか、すぐに一千万人は突破しました。

その中でも中国人観光客は増加の一途をたどり、例えば東京の銀座等には今では中国人観光客がひっきりなしに訪れるといった状況が続いていると言われます。



この現象は、わが国の外国人の観光ゴールデンルートである、大阪から名古屋、富士山を経て東京といったルートのみならず、今では、ノスタルジックな印象に浸りたいためか、函館をはじめとした北海道にくる中国人観光客も多く見受けられる等、わが国の地方にまで波及しているというのが実情です。

外国人観光客は、当該地域への落とし金の金額が桁違いと言われることからも、更に誘客を推進しなければならないでしょう。