新聞折込みにこそチャンスがある

新聞折込について2種類のビジネスがあります。


1つは、新聞折込を行うビジネスです。



消費者に受け取ってもらう為のビジネスです。

新聞に交えて渡すだけだと簡易的に思えますが、電子化が進む今、ビジネスチャンスが減少してます。

もう1つのビジネスは、折込内容に関するビジネスです。

新聞折込と聞いて思いつきやすい内容ではないでしょうか。受け取る側に、ビジネス内容を伝える行為です。
新聞を頼んでいるのに勝手についてくるゴミと思っている方も多いと思います。


しかし、ゴミだと思っているにもかかわらず、何気なく必ず目を通していると思います。

そして、何気なく見ているだけなのに、ちょっとした工夫内容によって、受け取る側の頭の印象に残ることがあります。
そのわずかな印象にビジネスがかけられている、それが新聞折込です。

OKWaveの最新情報ならこちらを参考にしてください。

1つ目のビジネスでビジネスチャンスが減少していると言いましたが、ここでは少し視点を変えてみてください。
電子化で新聞を受け取る人が少なくなってきていますが、電子化で簡易的に新聞を読めるようになっているにもかかわらず、新聞をとる人もいるという点です。


少ないビジネスチャンスの中にも大きなチャンスがあるのではないでしょうか。

現代社会では、簡易的が好まれる傾向にありますが、簡易にこだわりすぎているあまり、見失っている部分も少なくないと考えられます。

最高の神戸の新聞折込情報探しのヒントをお教え致します。

媒体物として出来て、電子化にはできないもの。
それを表現する事により、新聞折込のビジネスチャンスはもっと大きくなるのではないかと思います。